トップ 外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

外科ナビ来院時の注意 > 病院を受診するときに必要なものと確認しておきたいこと

病院を受診するときに必要なものと確認しておきたいこと

スポンサードリンク

病院を受診するときに必要なものと確認しておきたいことの画像

病院を受診するときに、必要なものや持って行った方がいいもの、調べておいた方がいいこと、などがあります。
「準備不足でしっかりとした診察が受けられなかった…」なんていうことが起こらないように、出かける前には、もう一度、落ち着いて確認しましょう。

(1) 必要なもの!!
受診する病院以外で処方されて飲んでいる薬の情報は、調べようがありませんので、薬の情報はとても大切です。
(他のものは、取り敢えずは何とかなります。)

・診察券
・健康保険証
・お薬手帳(薬歴がわかるもの)
  ※ 内服している薬はすべて持って行きましょう。
・女性の場合…基礎体温表
・お金
・マスク
・ハンカチ
・ティッシュ
・手帳(またはメモ用紙)
・筆記用具
・乳幼児が受診する場合…母子健康手帳(乳幼児カード)

(2) 確認しておきたいこと!!
診察時には余裕がありません。
余裕があれば、あらかじめ調べて、メモをしておきましょう。
診察時に伝え忘れることを防止できます。

・今の症状や体調
 「どんな症状?」「いつ頃から?」「症状はどんな時に悪くなりますか? or 良くなりますか?」
 「原因は?」「治療を受けたことはありますか?どこで?」

・症状の経過
 慢性的な病気(ぜんそくやアレルギーなど)、生活習慣病などの場合
 病院変えたりする場合
 前回の受診から時間があいてしまった場合

・今までにかかった大きな病気やケガ(既往歴)

・アレルギー歴

・今飲んでいる薬(市販薬を含む)、飲んだことのある薬の種類(内服歴)

・生活習慣
食生活(朝食・昼食・夕食・間食など)、睡眠(起床・就寝)、喫煙、アルコール摂取量、
ストレス、仕事や学校、運動(スポーツ)、休暇、趣味など

・家族歴
健康に関する家族など血縁者の情報

・身長と体重

・治療や検査に対する希望

これらは診断や治療をする時に、とても参考になります。 できるだけ詳しく分かると、医師としてとても助かります。

スポンサードリンク

今日のお勧め記事 ⇒ 見だしなみや服装などに関して

正確な診断を受けるため、そして、診察や検査を円滑に受けるために、身だしなみや服装を整えて受診するようにしましょう。 女性の場合、化粧やアクセサリーなどにも注意をはらうことが大切です。 身体や衣服が清潔な人の方が、医師や看護師が心地よく接することができます。 もちろん、緊急時や重症時で、余裕がない場合には、気にせずに、急いで受診してください。 (1) 診断の妨げになるので、肌・唇・爪などの状態や色、臭いなどが確認できる状態が理想です。 ・身体は、できるだけ清潔な状態で受診して

外科ナビについて

当サイトに掲載されている外科病院・医院情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。