トップ 外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

外科ナビ医師からのアドバイス > 患者さんのマナー

患者さんのマナー

スポンサードリンク

患者さんのマナーの画像

患者さんのマナーとして、診察時や治療中に気をつけた方がいいことについて解説します。

信頼関係をもって、気持ちよく診察を受けるために、医師や看護師に対して、患者さんが気をつかったほうがいいこと(マナー)です。
医師が「患者さんに守って欲しい」と思っていることなので、できるだけ気をつけるようにしましょう。

(1) ウソをついたり、見栄をはったりしない!!

(2) 知ったかぶりをしない!! 分からないことは、きちんと分かるまで聞く(調べる)。

(3) 約束を守る!!

(4) 時間を守る!!

(5) 人によって態度を変えない!!
医師と看護師に対して、同じような態度で接する。

(6) 自分の言いたいことを話すだけでなく、きちんと相手の話を聞く!!
 質問に対しては、できるだけ正確に答える。
 自分の伝えたいことは、できるだけ筋道をたてて、分かりやすく伝える。

(7) 隠しごとをしない!!
 他の病院や医師を受診していること、し始めたことは、きちんと報告する(隠さない)。
 他の病院で処方されている薬を、きちんと報告する(隠さない)。

(8) 医者が聴診器を当てているときには、絶対に話をしない!!

(9) 医者や看護師に向かって、くしゃみやせきなどをしない!!
マスクをする。

(10) 診察の前に飲食をするのはさける!!

(11) 他の患者さんにも気を使う!!
 体調がもっとすぐれない人がいるかもしれない…。

(12) 自分自身の判断で、治療方法を変えたり、飲む薬を変えたり止めたりしない!!

(13) 調子が悪い時には、できるだけ早く、病院を受診する!!
 担当医の外来診察日を待たない。

(14) 自分自身が責任をもって、しっかりと自分の身体の管理をする!!

スポンサードリンク

今日のお勧め記事 ⇒ 見だしなみや服装などに関して

正確な診断を受けるため、そして、診察や検査を円滑に受けるために、身だしなみや服装を整えて受診するようにしましょう。 女性の場合、化粧やアクセサリーなどにも注意をはらうことが大切です。 身体や衣服が清潔な人の方が、医師や看護師が心地よく接することができます。 もちろん、緊急時や重症時で、余裕がない場合には、気にせずに、急いで受診してください。 (1) 診断の妨げになるので、肌・唇・爪などの状態や色、臭いなどが確認できる状態が理想です。 ・身体は、できるだけ清潔な状態で受診して

外科ナビについて

当サイトに掲載されている外科病院・医院情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。