トップ 外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

外科ナビ埼玉県 > 川田胃腸科外科

川田胃腸科外科

スポンサードリンク

川田胃腸科外科

胃腸内科、内科、外科◆南浦和駅徒歩3分
土曜日も診療

当クリニックでは開業以来20年、皆様のお話しをよくお聞きすること、そして皆様とご一緒に健康に関する問題を解決することを目指して診療に当たっております。
◆院長 川田 裕一
【診療科目】
内科、胃腸内科、消化器内科、肛門内科、外科

川田胃腸科外科:DATA
所在地〒336-0018
埼玉県さいたま市南区南本町2丁目22-2
TEL048-833-8822
FAX048-833-8827
URLhttp://kawataclinic.webmedipr.jp/
診療科目胃腸内科、外科、血液内科、肛門内科、消化器内科、内科、内視鏡外科、内視鏡内科
診察時間など
駐車場5台 駐車料金 無料
アクセス(最寄駅)
○JR京浜東北線・武蔵野線・南浦和駅西口 徒歩3分
お役立ち情報

川田胃腸科外科の地図

埼玉県さいたま市南区南本町2丁目22-2 (Sorry, this address cannot be resolved.)

外科・病院/川田胃腸科外科の詳しい情報です!

◇◆ 医療法人社団川田会 川田胃腸科外科 ◆◇

◆院長 川田 裕一

【医師】
・川田 裕一(下記以外の曜日)
・山田 修 (第2・4火曜日午前)
・湖山 信篤(木曜日)
 平成19年6月5日現在

【資 格】
日本消化器病学会 消化器病専門医 川田 裕一 湖山 信篤
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 川田 裕一 湖山 信篤
日本東洋医学会 漢方専門医 川田 裕一 山田 修
日本血液学会 血液専門医 山田 修
日本内科学会 総合内科専門医 山田 修
日本外科学会 外科専門医 湖山 信篤
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医

【診療科目】
 内科、胃腸内科、消化器内科、肛門内科、外科

【保険診療内容】
一般健康診療/消化器疾患診療(薬・食事療法・生活指導・胃カメラ検査)
高血圧症診療(薬・食事療法・生活指導・血圧測定)/成人病診療(薬・食事療法・栄養指導)
生活習慣病診療(食事療法・生活指導)/糖尿病診療(食事療法・生活指導・栄養指導・インシュリン注射)
高尿酸血症診療(薬・食事療法・生活指導)/胸部・腹部X線検査
がん診療(薬・食事療法)/食道胃十二指腸内視鏡検査
胃透視検査/大腸内視鏡検査
超音波検査(腹部・乳腺・頚動脈・甲状腺)
注腸検査/心電図検査/24時間心電図検査
終夜睡眠時ポリノグラフィー

【予防接種】
・インフルエンザワクチン
・A型肝炎ワクチン
・B型肝炎ワクチン

*各種保険取扱

【提携医療機関】
・さいたま市立病院
・埼玉社会保険病院
・東京女子医科大学東医療センター
・東京女子医科大学
・東京女子医科大学付属青山病院
・東京女子医科大学付属成人医学センター
・埼玉協同病院
・戸田中央総合病院

セカンドオピニオン  担当 山田 修

【診療時間】
・月曜 08:30~11:30/14:00~17:30
・火曜 08:30~12:00/14:30~17:30
 ※第2・4火曜日のみ午前の診療時間は9:00~12:30となります。
・水曜~金曜 08:30~12:00/14:30~17:30
・土曜 08:30~16:00

【休診日】
 日曜・祝日

◆予約診療について
※ お待ちする時間を短くする為、診療の予約を承りますが、
 診察の状況により、お待ちいただく場合があります。
 当院初めての方も予約できます。
 予約をご希望の方は、下記の予約専用サイトからお申し込みください。
 (携帯電話でも予約いただけます)
 http://www.doctorqube.com/kawata/

※詳しくはホームページをご覧ください
 http://kawataclinic.webmedipr.jp/

上記病院情報については、データが古くなっている場合があります。診察時間・診療内容などは念のため直接病院などでお尋ねして確認して頂けますようお願い致します。

スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この外科に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

今日のお勧め記事 ⇒ ジェネリック医薬品のメリットと不安定要素

(1) ジェネリック医薬品のメリット ・患者さんの薬代負担が減る!! ジェネリック医薬品は、平均すると先発医薬品の約半額です。 慢性疾患(糖尿病や高血圧など)で、同じ薬を長期間服用する必要がある場合は、効果が大きくなります。 経済的負担が減ると、正しい治療を無理なく続けて行くことが可能になります。 ・国が負担する医療費が減る!! 特許期間が過ぎている薬を、すべてジェネリック医薬品に置き換えた場合、日本の医療費は年間で約1兆円節減できるといわれています。 ・先発医療品の価格が

外科ナビについて

当サイトに掲載されている外科病院・医院情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。